きもの大好き 女将の日記(スタッフブログ)|鳥取市のきもの専門店 絹の舘 さーびす呉服店

  • サイトマップ
  • 会社案内
電話番号
  • ご相談・お問い合わせ

スタッフブログ新着情報

きもの大好き 女将の日記

きもの大好き 女将の日記

2016年10月06日
着物の保管

着物の保管についてのお尋ねをいただき、「これが特効薬です」と申し上げれる

回答を用意することは、なかなか難しいことです。

当店では、以前よりきもの保管のお助けになる方策として、いなば和紙協業組合

さんとの協同で自然の力で優しくきものを守れる光触媒を使った因州和紙の「和裳紙」

をお客様に提供してきました。

この「和裳紙」での効果を、明確な数字でお示しすることは難しいですが、比較的

お召しになる機会の少ないフォーマルきものを「和裳紙」でお納めするようになってから、

当店の商品でカビの発生などのご相談をお受けすることが少なくなったと感じています。

効果を維持するためには、時々光触媒の触媒作用を高めるため、光にあてていただくこと

が必要なので、長期的には効果にも多少の差が出てくるのではないかと思っています。

しかし、どうしてもこうした畳紙だけの対応では十分とは言えず、着物を保管する器(たんす)

の状態を把握してみることも大切なのではないかと思います。

11月25・26・27日の三日間 純国産の総桐たんすの現物をみていただき、昔から最高の

たんすと言われる本物の桐たんすへの理解を深めていただければと催しを開催いたします。

関心をお持ちの方は、お気軽にお出かけください。

 

2016年09月10日
地味と派手

きものをお選びの時、必ず話題になるのが「地味なのか派手なのか」という

選択の基準です。

きものの場合、必ず帯とのコーディネイトで判断するので、単独では地味でも

帯を載せたり、小物をプラスすることで随分年代の幅が出てきたりするので

その方のお好みをどちらにシフトするのかによって判断が変わってきます。

お母さまやお祖母さまのきものでも、半襟に色物をもって来たりすることだけでも

全く違う着こなしになることが、きものの持つ魅力の一つです。

昔から、きもの一枚に帯三本と言われておりましたが、年齢によっても季節に

よっても帯一つで表情が変わるところがきものの奥深さだと思います。

ぜひ、お手元のきものを箪笥から出していただき帯合わせを楽しんでみて

いただきたいと思います。

2016年08月20日
京染のしごと展

日本の伝統を守り抜く仕事は、どの分野においても大変な時代と言われています。

きものの世界も例外ではありません。

先日、京都の京染工房「西原」さんの工房をお訪ねしました。

自社ビルで職人さんを抱え、一貫した工程の中でものづくりをしておられる意気込みに

感銘を受けました。

本来、京都の染め物は分業のなりわいでの仕事が当たり前と言われていましたが、時代とともに

個々のなりわいが成り立たなくなっている現状があります。

そうした中、全ての工程を引き受けて事業を継続し頑張っておられる姿勢に、こうした工房

を応援し、きもの文化を盛り立てていかなければならないと強く感じたところです。

9月9日~11日まで、この意気込みの中から生まれた作品を取り揃えてご覧いただきたいと

企画いたしました「京染のしごと展」に、ぜひお出かけくださいますようお待ちしております。

 

2016年08月06日
夏のきものお手入れのポイント

暑い夏を通して着られたきものは、そのままにしておくと汗の影響で黄変し、

シミになってしまいがちです。

そのため、シーズンの終わりにはクリーニングをおすすめします。

たくさん汗をかいた場合や、汗ジミが出来てしまったきものには、通常の

クリーニングではなく、汗抜き丸洗いが必要です。

長襦袢は後回しになってしまいがちですが、肌に直接触れるのできものだけでなく、

こちらも要注意です。

以前にお客様からご相談をお受けした事例ですが、和服のクリーニングを余り

扱われていなかったところだったのでしょうか、単なるクリーニングで処理され、

翌年開けて見られると、汗部分と思われる個所が黄変してしまい、その修復に

大変な手間がかかってしまったという残念なことがありました。

このように、以前の汗が付着して黄変してしまった場合は、シミ抜きが必要です。

汗は水洗いをしないと汚れは落ちないことを覚えておいていただきたいと思います。

当店では、袖口など汗が付着していると思われる個所には水でのふき取りなどを

してからクリーニングをします。

少々の汗は、処置が早いとこうした通常のクリーニングでも対応が可能です。

何よりも、きもののお手入れは早めが肝要です。

8月11日~9月10日までの1か月間、夏きもの通常クリーニング価格より20%OFF

のお手入れキャンペーンを開催いたします。ぜひご利用ください。

 

 

2016年07月22日
同窓会にきもので

同窓会へのお誘いのご案内が届きましたら、きものでお出かけになりませんか。

この季節、夕方からなら浴衣をおしゃれにバージョンアップしてみては如何でしょうか。

浴衣の柄はお好みですが、最近の浴衣柄は古典的な雰囲気も人気ですので、夏着物

のように浴衣の下に夏用の長襦袢を着ていただけば、それだけであらたまり感がでます。

半襟には、おしゃれな手拭いを衿に添ってかければ動かないので、チクチクの手間もいらず

おすすめです。(店内には半襟にぴったりの夏バージョンの手拭いがいろいろと揃っています)

帯は半幅帯を変わり結びにしてボリュームアップしての帯結びも楽しいです。

さらに、帯締めか三部紐にお手持ちの帯どめ、もしくはブローチを付けていただくとおしゃれポイント

となり注目です。

勿論、名古屋帯となれば文句なしのお出かけの装いとなります。

帯上げや帯締めの色目をちょっとだけビビットカラーにして夏の季節感を出せば上級装いです。

そして、忘れてはならないのは足元です。レースタイプでも正式な足袋でも良いのでお付けください。

お手持ちのゆかたと帯をお持ちいただき、コーディネイトをお気軽にご相談ください。

 

2016年07月18日
掘り出し物

今店内では、2点で10万円均一セールと単品での10万円均一セール商品の

ご提案で、思わぬ掘り出し物とのお出会いがあり喜んでいただいています。

その中の一つに、全体の素材は結城紬で、節に古代の柿渋染の技法で糸を

織り出した無地感覚の反物があります。

一見地味な色無地感覚の紬と見えなくはありませんが、すべて天然素材が用いられ

手間がかかっていることを考えれば、このお値段は拾い物ではないかと思います。

きものの世界でも手間のかからない、プリント的な物がでまわっています。

用途に応じてはお手軽なものも必要ですので、うまく活用していただければよいのですが、

全てが効率と、価格で判断され作られてしまうと、長年にわたり培ってきた伝統の

きものの職人文化を無くしてしまうことになるのではと心配します。

価格ありきではなく、掘り出し物を見極める目を、きものに携わる私たちが養い、

お値打ち品をお届けする力を持ち続けなければならないとと思っております。

 

2016年07月17日
楽に着たい夏着物

ことのほか厚い毎日が続いております。

こんな季節だからこそ、きもので決めたい時ってありますよね。

そんな時、まず一番に考えておきたいことは、いかに楽に着るかということです。

汗取りにもなる補正タオルは、身体のクッション役も果たしてくれるので、暑くなる

のではと心配されますが、汗を吸い取ってくれますし、きものを汚さない優れもの

ですので使用されることをお勧めします。

勿論お手持ちに専用のきもの補正用品があればそれらのご利用もOKです。

きもの着装に欠かせない腰紐は、タオルなどを巻いた上から締めると身体に

食い込まないので楽です。

腰紐は最低限度の本数にしたいので、コーリンベルトの使用もお勧めです。

きものは着てしまえばそれ程暑さを感じませんが、着付ける時だけはしっかりと

冷房のきいた環境でのお着付けをお願いいたします。

その他、髪はアップスタイルにするとか、半幅帯で手早く着付けるなど、夏ならではの

アイディアはいろいろありそうです。

7月23日(土)夕方5時から当店にて、半幅帯結びや、夏ならではのヘアーアレンジなども学べる

「浴衣お楽しみ会」を開催しますので、お役立ていただければ幸いです。

 

 

2016年03月22日
きものクリーニングキャンペーン

3月20日より、年2回のきものクリーニングキャンペーンが始まりました。

丁度お目出度い行事などと重なる時期ですので、ご着用された沢山の

ご依頼品をいただいております。

着用されたきものの気になる箇所は、襟もとに付いたお化粧汚れです。

これは、汚れそのものは市販のベンジン系のもので落ちるのですが、

取り扱いによっては、ベンジンの際が広がって残ってしまったり、汚れの箇所

をこすってしまうことで地色が褪せてしまったりと、素人手入れには少々ハードル

が高いように思います。

比較的紬やウールなど、すれの心配のないきものはお家でのお手入れを

お勧めいたします。ただし、紬でも大島は草木染の染料で彩色しているので

こちらは専門家にお出しになったほうが宜しいと思います。

もう一つ気になさっていただきたいのは、汗をかかれたがどうかの点です。

汗は、ドライクリーニングだけでは汗の主成分を取り除くことは難しく、汗の

付着しやすい部分を重点的に洗浄し、汗の成分を分解、除去することが必要です。

汗ジミはその時には気付かないのですが、後々黄ばみとなって出てくるので

要注意です。ご心配な点は何でもお尋ね頂きまして、平常より格段に

お手頃価格でお受けできる、このキャンペーン期間を有効にご利用下さい。

 

2016年03月21日
履物のお誂え

履物のお誂えで当店がお取引させていただいているメーカーさんに

浅草の老舗「楽艸」さんがあります。

年2回、草履の台と鼻緒を別々に揃えていただき、フォーマルから

カジュアルまで、目的に添った豊富な品ぞろえでご覧いただきます。

センスの良さは言うまでもなく、何よりも丁寧なものづくりへの姿勢が

商品に表れているところが、安心してお勧めできる一番の要因です。

勿論、一般的な既成の草履よりは少しお値段は張りますが、このランクの

草履としては大変良心的なお値段だと思います。

勿論サイズは、S.M、L,LLとお選びいただけますし、台の高さ、幅の広めの

小判型、細見タイプなどお好みに応じたラインナップが揃っております。

鼻緒はふっくらとした柔らかな当たりで、左右の足の特徴に応じたすげ方も

細かなところまでお聞きいただき、足に沿う仕上がりにしていただけます。

前坪の色も、はんなりとした赤、落ち着いたベージュ、洒落たブルーなど

お選びいただけますので、ご自分だけのオリジナル草履をお求め頂くこと

が出来ます。

ぜひ、ご自分に合う草履をお探しの折にはお声をかけていただき、お洒落で

楽な草履を体験していただきたいと思います。

 

 

 

2016年03月18日
卒業式のきもの

昨日早朝から、店内は卒業式に出席される方の袴着付けで大忙しです。

専門学校、各大学と合わせるとかなりの数の若い女性方の人生門出の

お手伝いをさせていただくのはとても楽しいことです。

成人式のきものと合わせて、学校に行っていらっしゃる方にとっては

必ず着てみたいというきもののアイテムに卒業式の袴があります。

何時のころから、この袴姿が卒業式の花形になってきたのか、記憶では

「はいからさん」などテレビの影響が大いにあったのではないかと思います。

まさに、今放映中の朝ドラの「あさがきた」の中での女学生スタイルです。

今主流になっている袴のきものはカラフルでかわいらしい柄行、袖も

ちょっと長めのタイプが人気ですが、こうした時代の影響もあってか

「矢絣柄」も根強い人気柄です。

当店では、海外からの観光客の方にきものを体験していただくさーびす

を始めましたが、テレビなどから発信されるきもの姿に興味をもたれ、

きもの体験のご要望があるるのではないかと思います。

こうしたきものは、生活の中で着るきものとは別のものではありますが、

日本のきもの文化を体験していただく入口に繋がれば嬉しいことです。

 

 

ブログカテゴリ
月別アーカイブ
  • イベントのご案内
  • すたっふぶろぐ
  • きもの大好き女将の日記
  • きもの教室相談体験・ご相談フォーム
  • レンタル相談フォーム
  • お手入れ相談フォーム